節電に関する豆知識を色々とご紹介致します

節電と聞くと皆様はどういったイメージを抱いているでしょうか。
熱い夏には扇風機一つで我慢をして、寒い冬にはガタガタ震えて耐えしのぐ…。
そんな我慢だらけの生活を思い描いている人も多いとおもいます。
しかし、実際には幾つかの細かな点に気をつけるだけで、毎月の電気代を大幅に削減することが可能なのです。
そこで、今回は簡単に行うことが出来る節電のコツについてご紹介いたします。


エアコンの設定を1℃変えるだけで大幅な節電に!

クーラーや暖房などエアコンは今や現代人の必需品ですが、同時に毎月大幅の電気を消費する困ったものでもあります。
しかし、そんなエアコンも1℃設定を変えるだけで大幅な節電に繋がることはご存知でしょうか。
クーラーであれば1℃温度を上げる、暖房であれば1℃温度を下げる。
たったこれだけのことで約10%の電気代が節約できるといわれています。
そのため、冬であれば厚着をするなどして、2~3℃設定温度を下げれば、毎月の電気代もかなり抑えることが出来るでしょう。
やはり、節約するには細々とした部分も重要ですが、大きな部分を節約するというのも非常に重要となるのです。


待機電力の節約が意外と大きいのです!

待機電力とは家電などがすぐに起動できるようにスタンバイしておく時に消費される電力です。
一日単位で見てみると数十円のことなので、どうでもいいことのように思えますが、この待機電力というのは常に発生するものなので、確実に年間数千円取られていると考えると勿体無いと感じるのではないでしょうか。
しかし、待機電力を節約するために、すべての家電のコンセントを抜くというのは考えものです。
テレビなどの映像機器は待機電力も大きいですが、スタンバイさせておかなければリモコン操作も出来ないのでかなり不便です。
また、モデムなどの通信機器も起動して利用できるようになるまで数分間の時間が必要なので、スタンバイさせておいた方がいい電化製品といえるでしょう。
このように、電化製品の待機電力というのはカットするべきものと、カットしない方が都合のいいものがあります。
このことを踏まえて、簡単なところから節電をはじめてみてはいかがでしょうか。

このサイトではここで紹介した情報の他にも、節電に関する豆知識が多く掲載されているので、これから一人暮らしを始めようという方や、電気代が嵩んで困っているという方はぜひここで紹介されている方法をお試しいただければと思います。